TOP>WORKS>「女子中学生の誘惑」8話

「やっぱりここにいたんだ……

 差し入れでもして来たの……?」


サクラの声は弱々しい。

目元に涙すら浮かべている。


「今日は友達と遊ぶから、私とは会えないって、言ってたよね?

 あれって嘘だったの?

 それとも、友達って中学生の女の子のことだったの?」


もはや言い逃れはできない。

そもそも、最近の僕の行動は明らかに怪しかった。

サクラが僕の浮気を疑わないはずがない。


僕がここにいる理由。

僕が美香ちゃんに会いに来たということ。

そんなこと、誰が見ても一目瞭然だ。


「美香ちゃんは……ただの後輩だよ……」


僕は苦し紛れに呟いた。

サクラは何も言わない。


僕はサクラの顔を直視できなかった。

サクラは泣いているだろうか?

無理もない。

僕はサクラに酷いことをしたのだ。



「私、信じてるから……

 でも、お願い、あの子とはもう縁を切って……

 信じてるけど、辛いから、お願い……本当にごめんね……」


サクラは、絞り出すような声でそう言った。


僕らがそれ以上言葉を交わすことは無かった。

遠のいていく足音。

サクラは行ってしまった。





いつも強気で活発なサクラ。

僕をからかっては、クスクス笑うサクラ。


僕は頭を強く殴られた気分だった。

サクラが初めて見せた悲しい顔。

サクラが、あんな顔をするなんて……


サクラは常に前向きだった。

僕が落ち込んでいたとき。

僕を励ましてくれたのは、いつもサクラだった。

周囲の人間を元気づける存在。

太陽のようなサクラ。

僕は、彼女のそういうところに惚れたんだ。


玉砕覚悟でアタックして、OKをもらったとき。

僕は跳び上がって喜んだ。

そんな僕を見て、サクラは笑っていた。

サクラの笑顔。

サクラ……

サクラ……!


「追いかけなくちゃ……」


そうだ、追いかけないと。

追いかけてサクラに謝ろう。

きっとまだ間に合うはずだ。

サクラに謝って、やり直そう。

自分のしたことを悔い改めよう。

もう二度と、サクラにあんな顔はさせない。


「サクラ先輩が来てたんですね」


汗がどっと噴き出す。

恐る恐る振り向く。

美香ちゃんに見られていた。

僕はそのことに全く気がつかなかった。


「まぁ、あんな人どうでもいいですよね(笑)

 それよりも、そろそろ試合始まりますよ、先輩」


「美香ちゃん……」


もうこれ以上、こんな関係を続けてはいけない。


「ごめん……

 僕はサクラを追いかけないといけないんだ……」


「またまたー♪

 急にどうしちゃったんですかー」


下手な冗談ですね。

美香ちゃんの笑顔がそう言っている。


「仕方ないなー、観客席までついていってあげます!」


「ご、ごめん、急いでるんだ!

 僕はもう行くね!」


僕の逃亡はあっさり阻止された。


「やれやれ……どうしちゃったんですか、先輩?」


美香ちゃんが僕の制服の袖を掴んで離さない。


「仕方ないですね……

 ここだと人が多くて話しづらいです。

 場所を変えましょうか、先輩」








正面入り口の、ちょうど反対側。

誰もいないロビー。

そこにある自販機ブース。

僕はそこに連れ込まれた。


ここで何をしても、周りから見えない。

秘め事に最適のロビーの死角。


「先輩、そこに座ってください」


「ま、待ってくれ、美香ちゃん。

 本当に申し訳ないと思うよ?

 でも、やっぱり今の僕らの関係は良くないと思うんだ。

 だから、お願いだから、離してもらえないかな?」


僕がどんなに頼んでも無駄だった。

美香ちゃんはただ笑うだけ。


「床に座るの嫌ですか?

 ごめんなさい、でもちょーっとだけ、我慢してほしいです」


美香ちゃんは僕を突き飛ばした。

僕は尻餅をつく。

床が冷たい。



僕は急いで立ち上がろうとした。

しかし、またしても美香ちゃんに阻止されてしまう。

美香ちゃんが僕の顔に抱き着いたのだ。


「んんっ……! ふぐっ!」


「ほら、いい匂いでしょ、先輩?

 先輩は私の匂いが大好きですもんねー!」


僕は抵抗した。

しかし拘束は解けない。

美香ちゃんは見た目が華奢なわりに、力が強い。


僕がもがけばもがくほど、美香ちゃんはヘッドロックを強めた。


「先輩、私、知ってますよ?

 先輩は、サクラ先輩より私の方が好きなんですよね?

 私の匂いクンクンしてる方が幸せなんですよねー?」


次第に抵抗する力が奪われていく。

呼吸ができない。

苦しい。


「そう……そうです……

 ようやく静かになりましたね、先輩はいい子ですねー!」


拘束が緩められた。

僕は酸素を求めて、息を吸い込む。


「いやん! くすぐったいですよー!

 そんな犬みたいにクンクンしないでもらえませんかー?」


美香ちゃんはそう言って笑う。

美香ちゃんの脇の匂い。

ウォーミングアップしたあとの、ほんのりとした汗の匂い。

ダメだ……

ダメだダメだダメだ……!

負けちゃダメだ……!



ブルルルルル―――ブルルルルル―――



「あれ、先輩、ケータイ鳴ってますよー?

 ちょっと失礼しますね……」


「あ……!」


美香ちゃんは器用に僕のポケットからケータイを抜き取った。


「あー、やっぱりサクラ先輩からメールだ……

 どれどれ……

 『さっきはごめんね。

  ちゃんと話し合って仲直りしたいです。

  正面玄関に来てもらえますか?』

 ですって!

 なんの話でしょうねー」


ケータイを取り返さないと……!

サクラに謝らないと……!

僕は無我夢中で手を伸ばす。

しかし、それも美香ちゃんにあっさり押さえ込まれてしまう。


「あははっ!

 先輩、おちんちんおっきくなってますよー!

 試合前の私の匂いを嗅いで、興奮しちゃったんですね!」


違う……

違う違う違う……!!

僕はサクラに謝るんだ……!!


「えへへ……お顔とろーんってしてますよぉ?

 かわいいですねぇ……」


やめてくれ。

そんな笑顔で見つめないでくれ。

優しく頭を撫でないでくれ。


「どうしたんですかー?

 ケータイはもういいんですかー?」


サクラ……

サクラ…………


「サクラ先輩には、私が代わりに返信しておきましょうか?」


それだけはダメだ……

サクラと仲直りするチャンスが……


「あはっ♪

 おちんちんビクビクしましたよー?

 いいんですかー? 返信しちゃいますよー?」


美香ちゃんの汗の匂い……

もうなにも考えられない……


「聞いてますかー?

 返信しちゃいますよー?」


文字を打ち込む音が聞こえる。

嗚呼……止めなきゃ……

僕は……

僕は…………


「帰っていいよ……っと!

 うーん、ちょっと冷たすぎますかねー?」


美香ちゃん……

いい匂い……

かわいい……美香ちゃん…………


「ま、いっか! 送信!

 あはは! 返信しましたよ先輩ー♪

 これでもうサクラ先……ひゃぁっ♪

 もうー! そんなに強く抱きつかないでくださいよー!」




僕は気付いていた。

そう、気付いていたのだ。

僕がどうがんばったって、美香ちゃんには勝てない事。


「よしよーし……先輩は甘えん坊さんでちゅねぇ……」


本当は、僕はずっと美香ちゃんに抱きついていた。

美香ちゃんがメールを打つ前からずっと。


「先輩は私のものなんでちゅよぉ……

 ねぇ……? だから抵抗したって無駄なんでちゅよぉ……」


「ふあぁ……僕は……美香ちゃんの……」


「そうそう、ほら、先輩、浮気してごめんなさいはー?」


「美香ちゃん……浮気してごめんなさい……」


「いい子ですねー♪

 って、あらら……

 もうー! 泣かないのー!」


「うん……ごめんなさい……」


結局、全て美香ちゃんの思うつぼなのだ。

女子中学生にあっさり籠絡される。

女子中学生の腕に抱かれ、呆けた顔を晒す。

女子中学生の脇汗を嗅いで興奮する。

そのためには愛する人さえ平気で傷つける。

僕は最低な男だ。



美香ちゃんの膝がペニスの先に当たった。

僕はペニスを美香ちゃんの膝に擦り付けた。


「あれあれー? 先輩どうしちゃったんですかー?

 泣いてると思ってたのに、しれーっと私にすけべなことさせちゃって……」


美香ちゃんが膝を揺らしてくれた。


「ふああぁ……きもちいよぉ……

 もっと、もっとスリスリしてぇ…………」


「いいですよー。

 サクラ先輩はこんなことしてくれませんもんねー?」


「うん……そうなの……

 美香ちゃんだけ……美香ちゃんだけなのぉ……」


「サクラ」という単語が僕の罪悪感を刺激する。

しかしそれすらも快感だった。


いい匂いがする美香ちゃん。

僕を気持ちよくしてくれる美香ちゃん。

僕の頭の中は美香ちゃんでいっぱいだ。



「……はーいこれでおしまいです!

 もうすぐ試合始まっちゃうんで!

 続きはまた試合が終わってからにしましょうね?」


美香ちゃんは急に僕を解放した。

僕は頭がのぼせて動けない。


美香ちゃんは何事もなかったかのように立ち上がった。

そう、何事もなかったのだ。


美香ちゃんは終止余裕だった。

なぜなら、僕はもう美香ちゃんから離れられない。

美香ちゃんにはそれがわかっていたのだ。


美香ちゃんは自分のケータイを取り出した。


「……あっ、もしもーし!

 ごめーん、ちょっと迎え来てもらえるかな?

 うん、自販機のとこ、よろしくね!」


こうして、僕の抵抗は失敗に終わった。






それから数分後。


「美香せんぱーい! 迎えに来ましたよー!」


中等部女子バレーボール部の1年生たちが来た。


「ごめーん、みんなありがとねー!

 この人、うちの高等部の先輩なんだけど……

 応援席まで一緒に連れて行ってもらえるかな?

 体調悪いんだって」


「えー! たいへーん!」


「たぶん少し休めば治ると思うから。

 近くで看ててもらえる?」


「はーい! わかりましたー!」


「元気になったら、応援の掛け声教えてあげてね。

 みんなと一緒に応援した方が、先輩も楽しいと思うから」


「わかりましたー!」


そして僕は連れて行かれる。


「あ、先輩ちょっと待ってください」


美香ちゃんはジャージの上着を脱いだ。


「はい、これ貸してあげます。

 サイズは少し大きめなんで、先輩も羽織れると思います。

 これ着て応援してくださいね♪」


「ふああぁ…………!」


美香ちゃんの匂いが染み付いたジャージ。

ペニスがまたビクビク反応してしまう。

僕は美香ちゃんの匂いに抗えない。

というか、もう抗う気が起こらない。


美香ちゃんの匂いが僕の思考能力を奪って行く。

今、僕はどんな目をしているのだろうか?

従順な犬の目だろうか?


ふと、美香ちゃんの後輩たちと目が合った。

彼女たちは僕らのやり取りをニヤニヤしながら見ていた。


「なんか、憧れの先輩のジャージを着て応援する女の子って感じですね!」


「憧れの美香先輩を振り向かせるために、一緒に応援頑張りましょうねー!」


女子中学生に囲まれる僕。

僕の背中には、彼女たちと同じ「青春学園中等部女子バレーボール部」の文字。

胸には「秋山美香」のネーム刺繍。


美香ちゃんの衣服を纏う幸せ。

さっきから我慢汁が止まらない。

パンツの中がベトベトして気持ち悪い。

美香ちゃんの後輩たちがなにか話しかけている。

しかしよく聞こえない。

頭がぼーっとする。

美香ちゃん……

美香ちゃん…………



WORKSに戻る

web拍手 by FC2

inserted by FC2 system